忍者ブログ

短編歴史小説 信長の夢

天正10年(1582)の5月、毎晩のように同じ悪夢にうなされ、不眠症の織田信長は悪夢から解放されるために、とんでもない事を考えて実行に移します。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4.小吉

4
 

考証織田信長事典





  その夜、信長は最近迎えた若い側室、小吉(こきつ)の部屋に来ていた。

 小吉はこの辺りの農家の娘だった。信長が安土の城下を見回っている時、市場で野菜を売っている娘と出会い、目を疑いたくなる程、驚いた。その娘は、かつて、信長が本気で惚れた女、吉乃(きつの)に瓜二つだった。みすぼらしい着物を着てはいたが、顔付きから、しゃべり方までそっくりだった。信長は思わず馬から飛び降りて、娘の前に立った。

 娘は驚いて脅(おび)えたが、どうする事もできなかった。信長は何も言わず、娘の顔をじっと見つめていた。信長は家来に命じて、娘の売っていた野菜をすべて買わせると馬に乗って去って行った。城に戻っても、その娘の事が忘れられなかった。

 吉乃は灰と油を扱う商人、生駒(いこま)家宗の娘だった。商人と言っても江戸時代以降の商人とは違い、武力を持ったれっきとした武士だった。当時、生駒屋敷には家宗を慕って、諸国から集まって来た浪人者が数多く居候(いそうろう)していた。うつけ者と呼ばれていた頃の信長も、各地の情報を手に入れるために、清須(きよす)から馬を走らせ、時々、顔を出していた。西之坊も生駒屋敷でゴロゴロしていた仲間の一人で、生駒屋敷において信長と出会い、信長に興味を持ったのだった。藤吉郎と呼ばれていた頃の秀吉や、秀吉の家臣となる蜂須賀小六、前野将右衛門なども、生駒屋敷に出入りしていた者たちだった。

 吉乃は信長の従兄である土田(どた)弥兵次のもとに嫁いでいたが、弥兵次が戦死したため実家に戻って来た。弘治二年(一五五六年)九月の事であった。信長は吉乃を一目見て惚れてしまった。信長二十三歳、吉乃十九歳だった。当時、信長には正妻として美濃の斎藤道三の娘、胡蝶(こちょう)がいたため、信長は吉乃を生駒屋敷に置いたまま側室とした。

 吉乃は翌年、信長の長男、信忠を産み、その翌年には次男、信雄、そのまた翌年には長女、徳姫を相次いで産んだが、その後、体の具合が悪くなり、二十九歳で亡くなってしまった。信長は吉乃の死後、しばらくは何も手がつかず、茫然と日々を過ごしていた。吉乃が亡くなってから、すでに十六年も経ち、大勢の側室に囲まれていても、未だに、吉乃の面影を忘れる事ができなかった。その吉乃に瓜二つの娘がいた。その娘は信長が初めて会った頃の吉乃にそっくりだった。

 信長は森蘭丸に命じ、娘を丁寧に連れて来いと命じた。娘は信長の側室になり、小吉と名付けられた。

 小吉と一緒にいると、信長は不思議と三十年近くも昔に戻ったような錯覚を覚えた。今の自分を忘れ、若返ったようにはしゃいでいた。吉乃にしてやれなかった様々の事を、この娘にしてやろうと思った。この娘のためなら、何でもしてやろうと思っていた。

「小吉、お前の夢は何じゃ?」

 信長は小吉の若々しい肌を眺めがら聞いた。

「夢ですか?」と小吉は目をあけた。

「そうじゃ、お前の夢じゃ」

「ここに来る前は、あたし、お侍さんのお嫁さんになるのが夢でした」

「ほう、武士の嫁か」

「でも、こうして、お城の中で暮らすようになってからは、あたしの夢は、どこか静かな所で、お殿様と二人っきりで暮らす事でございまいす」

「わしと二人っきりで暮らすのか?」

「はい」と笑うと小吉は信長の体にまたがり、信長の引き締まった胸を撫でた。

「二人っきりで、小さなおうちで、のんびりと暮らします」

「ここから出て、小さなうちで暮らすのか?」

「はい。ここには贅沢な物がいっぱいあります。でも、お殿様は忙しくて、あたしの所にあまり来てくれません。あたし、お殿様とずっと一緒にいたいの」

「お前とずっと一緒にいるのか?」

「はい。朝から晩まで、そして、夜もずっと」

「一緒にいるのはいいが、どうやって食って行くんじゃ?」

「二人で畑仕事をします」

「わしも畑仕事をするのか?」

「はい」

「わしは畑仕事など知らんわ」

「大丈夫です。お殿様なら、何だってできます」

「お前と二人で畑仕事をして暮らすのか‥‥」

「はい。きっと、楽しいと思います」

「そんな事は夢じゃ」

「はい、夢です。あたしの夢です」

 小吉は信長の体の上に倒れ込んだ。

「可愛い奴じゃ」と信長はニコニコしながら小吉の長い黒髪を撫でた。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ランキング

人気ブログランキング

ブログ内検索

プロフィール

HN:
酔雲
性別:
男性

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

楽天市場

アクセス解析

Copyright ©  -- 短編歴史小説 信長の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]