忍者ブログ

短編歴史小説 信長の夢

天正10年(1582)の5月、毎晩のように同じ悪夢にうなされ、不眠症の織田信長は悪夢から解放されるために、とんでもない事を考えて実行に移します。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1.悪い夢

1


 

信長とまぼろしの安土城



 

 青く不気味な三日月が出ていた。

 天正十年(一五八二年)の五月、琵琶湖に突き出た安土の山の上に、この世の物とは思えない程、絢爛(けんらん)豪華な五層の楼閣(ろうかく)が月明かりに浮かび上がっていた。高く積んだ石垣の上にそびえ建つ、その楼閣は『天主(てんしゅ)』と呼ばれ、生きながら神になろうとした男、織田信長の居城(きょじょう)であった。

 その天主内のきらびやかな一室で信長はうなされていた。汗をびっしょりかき、苦しそうに呻(うめ)きながら、「許せん!」と怒鳴ると目を覚ました。

 隣の部屋から小姓(こしょう)が刀を構えて部屋の中を窺(うかが)った。信長は何でもないと言うように手で合図をした。小姓は頭を下げると下がって行った。

 ‥‥‥悪い夢を見ていた。

 最近、毎日のように同じ夢を見ては、夜中に目が覚めた。

 自分が何者かに殺され、子供たちも妻や側室(そくしつ)たちも皆、無残に殺されて、天下を奪われる夢だった。夢の中では、自分を殺す者が何者か分かり、くそ、おぬしなどにやられるか、と怒鳴るが、目が覚めると、そいつが誰だったのか、どうしても思い出せなかった。

 今、この世に自分を倒す程の者がいるとは到底考えられない。

 甲斐(かい)(山梨県)の武田信玄は九年も前に亡くなり、武田家もついこの間、滅び去った。越後(新潟県)の上杉謙信も四年前に死んだ。長年、苦しめられた本願寺の一揆も崩壊した。今、信長が恐れる者は、この世に一人もいなかった。

 一体、誰が、このわしを殺すんじゃ?

 わしを殺して天下を手に入れる奴は何者なんじゃ?

 ‥‥‥くそ! 分からなかった。

 信長は額の汗を拭うと天井を睨んだ。

 今まで自分が死ぬなどという事を考えた事もなかったが、武田家を滅ぼして凱旋(がいせん)してからというもの、やけに、死というものが気になっていた。

 親父は四十二歳で亡くなった。わしは、すでに四十九歳になっている。若い頃から五十年の生命(いのち)と割り切って、今まで生きて来た。もうすぐ、その五十歳になる。

 わしはもうすぐ死ぬんじゃろうか?

 わしが死んだ後、天下はどうなってしまうんじゃ?

 伜(せがれ)どもがわしの跡を継いでくれるのか?

 いや、奴らじゃ無理じゃろう。武田家と同じように、織田家も滅びて行くのかもしれん。

 信玄の跡を継いだ勝頼は親父を越える事はできなかった。わしの伜どもも、わしを越える事はできまい。そうなると、誰が天下を取るんじゃ?

 家康(徳川)か?

 奴が、わしの一族を殺して天下を取るのか?

 いや、奴にそんな事はできまい。となると誰じゃ?

 権六(ごんろく)(柴田勝家)の奴か?

 光秀(明智)か?

 秀吉(羽柴)か?

 それとも、小田原の北条か?

 ええい、分からん‥‥‥

 誰だか分からないが、自分を殺そうとする奴は絶対に許せなかった。

 信長は隣の部屋で控えている小姓に、「水じゃ!」と怒鳴った。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

ランキング

人気ブログランキング

ブログ内検索

プロフィール

HN:
酔雲
性別:
男性

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

楽天市場

アクセス解析

Copyright ©  -- 短編歴史小説 信長の夢 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]